薄毛検査

薄毛検査の方法を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若ハゲ

人はだれでも,年齢を重ねるにつれて髪の毛が薄くなりやすい傾向にあるものです。

しかし,10代~30代で髪の毛が薄くなってしまう場合があります。この状態を「若ハゲ」と呼ぶことがあります。



この若ハゲとは,「若年性脱毛症」とも呼ばれているもので,「男性型脱毛症」の年齢が

若い時にこう呼んでいるようです。



若ハゲの症状は,早い人であれば10代の後半くらい~20代で既に症状が出ている場合も

少なくありません。



若ハゲによく見られる症状といえば,おでこあたりから前頂部にかけての髪が薄くなって

くることがあったり,また他にはおでこ(前頭部)が後退していくなどがこれに当たります。



この若ハゲは,男性に多く見られる症状ですが,女性にも若ハゲの症状が出ることはあります。



若ハゲや普通の脱毛症には,男性ホルモンが大きく関わっているとされています。

まだハッキリとしたメカニズムは解明されていないのが現状なのですが,若ハゲに関わる

テストステロンという男性ホルモンが,酵素の働きなどで別のホルモンに変換されてしまい,そのせいで発毛が抑制されてしまうのが原因で,若ハゲなどの脱毛症が起こるといわれています。



では,若ハゲや脱毛症には遺伝というのは関係ないのでしょうか。

若ハゲや脱毛症は,遺伝的原因も関係があるとされています。

しかし,若ハゲや脱毛症の遺伝的要素は,不規則な遺伝とされています。

そのため,若ハゲや脱毛症の症状が出ている人の親が必ずしも若ハゲや脱毛症の症状がある,というわけでもなく,隔世遺伝などで若ハゲや脱毛症の症状が出ることもあるようです。



その他の若ハゲや脱毛症の原因というのは,例えば睡眠不足などが挙げられます。

喫煙も若ハゲなどの脱毛を進行させる原因とされています。油の多い食べ物を多く摂取する事も若ハゲや脱毛症に繋がります。



身体に無理がかかるような激しいダイエットなどでも若ハゲや脱毛症になることがあります。ひどいストレスがある場合にも,若ハゲや脱毛症を招いてしまいます。特に,円形脱毛症などはストレスが原因で起こることが多い脱毛症です。



また,若ハゲや脱毛症などを防ごうと清潔にしようと努力するあまり,髪の毛を洗いすぎるなどすることも,かえって若ハゲや脱毛症になってしまうことになります。

若ハゲや脱毛症を予防するためにも,シャンプー類をきちんとすすぐこと,そして

過度のシャンプーなどはやめることが大切です。また,洗浄力の強いシャンプーなどを使い過ぎることも,若ハゲや脱毛症の原因となります。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/14(水) 18:11:15|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<薄毛検査でよく検索されるキーワードです。 | ホーム | 若ハゲ対策>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hairkensa.blog51.fc2.com/tb.php/10-db4217a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。