薄毛検査

薄毛検査の方法を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

育毛、ハゲの毛髪診断士への肩書きへの注意

"育毛、ハゲに関する相談で、いろいろ調べてみると、毛髪診断士の肩書きを持つ人に出会ったりします。こうした肩書きなら、安心してアドバイスを受けられる、と思う人もいることでしょうが、育毛、ハゲについては、皮膚科の医師などが本来の専門家であり、毛髪診断士というものは、単に育毛、ハゲに関する講習会を受けた証明、というだけで、あまり惑わされないようにしましょう。同じように、数多くの育毛剤、養毛剤などが出回っていますが、こうしたものも、けっして信頼できる薬ではない、ということを頭に入れて、育毛、ハゲについてのケアを行わなければいけません。育毛剤、育毛シャンプーなどは、あくまで化粧品メーカーが作った化粧品であり、製薬会社の薬ではない、ということです。ですから、育毛、ハゲに即効果がある、と過信してしまい、過剰に使用したりすると、かえって逆効果となり、脱毛を増やしてしまうこともあるのです。要は、あまり過信せずに、自分にあったものを選ぶことです。育毛、ハゲに対しては、頭皮の改善だけでは不十分です。頭皮の改善も必要ですが、栄養素を髪に十分に供給できる健康な体を保つことが大切です。不健康な体では自分に合った育毛剤でも効果が半減します。 また、飲む育毛剤というものもありますので、これまでの育毛剤で効果が出なかった場合は試してみるとよいでしょう。"
スポンサーサイト
  1. 2007/12/05(水) 10:52:01|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<育毛、ハゲの白髪に対する髪のケア | ホーム | 育毛、ハゲの病院での髪の毛の相談>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hairkensa.blog51.fc2.com/tb.php/41-c1fd7022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。