薄毛検査

薄毛検査の方法を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふさふさになるには、毎日のシャンプーがいかに大事かを知ることです。

臭いに騙されるな!シャンプー・リンス選びは、「はげ」にとって必須です。



女性は、体に触れるものにとても、気を使いますね。シャンプー・化粧品・洋服まで・・。



女性にはげがほとんどいないのは、そのおかげであると言っても過言ではありません。







はげている男性の多くは、そういったものに気を使うということを一切していません。



気を使っているとしても、それははげになってから多少シャンプーに気を使った程度ではありませんか?きっと、そうだと思います。







シャンプー・リンス選びでとっても重要な見分けかたをお伝えしますね。







「香料入り」は絶対に避けろ!







シャンプーを購入する際には、必ず裏面を確認し、「香料」の文字を探してください。



もし、あなたのシャンプーの裏面に「香料」と書いてあったらすぐに残りを流して、ゴミ箱に捨ててください。それくらい、危険です。「香料」や他の悪質な物質には、髪を洗うというよりも頭に汚れを塗っているようなものです。







汚れを塗れば塗るほどあなたの抜け毛は増えてきます。



毎年、抜け毛の量が増えるのは、毎日髪の毛に汚れを塗っているからなんです。毎日使うものですから。







先日、聞いた話しですが、ある髪の毛のプロの方がこんなことを言っていました。







「本当に髪の毛に安全なシャンプーは舐めても大丈夫なんです。」







そうなんです。体にいいものは、体の中にいれても安心できるものでなければいけないのです。



普通に考えてみればそうですよね。



良い化粧品の多くは、そういった成分を主にしています。



たとえば、「アロエ」いろいろな化粧品に使われていますね。「天然成分アロエ化粧品」一度は聞いたことがあるかと思います。アロエはヨーグルトとしても商品化していますし、ジュースなどもありますね。なぜ、アロエがそこまでいろんな商品になっているのかと言ったら、体にいいからです。体の中に入れても、外部からも安心して使える成分だからです。







このように、「本当に髪の毛に安全なシャンプーは舐めても大丈夫なんです。」







良いシャンプー・リンスを選んだ!じゃあこれで安心??







いいや、実はまだ安心できないんです。



良いシャンプーでよい洗い方をしなければなりません。良い洗いかたで洗うのは基本中の基本です。







「シャンプーは必ず毎日、2回洗う!」







髪を洗いすぎると抜け毛が増える! と思っている人も多いかと思いますが、髪の毛に汚れを落とさないほうが抜け毛は増えるのです。







例えると、女性のお化粧です。ほとんどの女性は、毎日お化粧をしますね!そして、毎日クレンジング・洗顔をします。寝る前にはすっぴんになってから寝るのが普通ですね。毎日、お化粧をして、洗顔・クレンジングをするのは、男性から考えてみると、本当に大変なことだと思います。







お酒の飲みすぎでめんどくさくなってお化粧を落とさずにそのまま寝てしまう人ってあなたの周りにも1人くらいはいると思います。その人の肌を見てみてください。そういう人のほとんどは、肌が汚いですね。乾燥肌でカサカサになっていたり、シミ・シワが増えてきている。若い頃に、手入れをしっかりしていないと、年をとってから必ず、後悔するものです。







女性のお化粧と同じで、「頭も一緒なんですよ!」ちゃんと汚れを落としてから寝ないと、必ず、ジワジワと「はげ」が進行してきます。毎日のことなので、気づきずらいですが、シャンプーをしっかりする人・しない人では1年後・3年後の差は本当に激しいです。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/22(水) 11:14:03|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<間違いだらけのはげ対策 | ホーム | ハゲからの生還・育毛・発毛大作戦マニュアル!!」のごく一部をご紹介します。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hairkensa.blog51.fc2.com/tb.php/6-0775fb26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。