薄毛検査

薄毛検査の方法を紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

育毛、ハゲに対する縮毛矯正の注意点

"毛髪の形は、大きく分けると直毛、波状毛、縮毛の三つに分かれます。日本人は一般的にまっすぐに伸びる直毛型に分類されます。育毛、ハゲの悩み以外にも、縮毛に悩む人も結構いいます。5人にひとりが縮毛、クセ毛と呼ばれる手入れのしづらい髪質に悩んでいるのが現実です。縮毛の原因のひとつに、頭皮が引っ張られて突っ張ってしまったためというものがあります。頭皮を突っ張ったため、頭皮の下を走る毛細血管が供給する栄養が行き届かず、毛根がよじれたり変形してしまうわけです。それにより、変形した毛根から出てきた髪の毛はチリヂリなり、縮れ毛となってしまう、というわけです。他にも、毛球が変形したり、毛穴が細い、毛根によじれがある、などで縮毛になってしまうこともあります。理美容店などで矯正できますが、一時的なようです。根本的な原因を取り除く必要があります。育毛、ハゲに関しても、縮毛などの髪の異常が発生すれば、要注意となります。育毛、ハゲに悩む人が、野菜療法などを試してみると、天然パーマのような髪質の悪い縮毛が、まっすぐな健康な毛になってきた、と言う話もあります。縮毛の矯正には、育毛、ハゲと同様、ストレスをためないことや、喫煙、お酒を控えることなど、日常生活の改善が大切です。また、これも、育毛、ハゲと関わってきますが、コルテックス(毛皮質)のバランスも大事です。コルテックスは、「髪の毛の硬さ・太さ・強さ」などを決めるとても重要なもので、この2つのバランスが整っていれば直毛となりますが、バランスが崩れ、どちらかのタンパク質に偏ってしまうと、クセ毛になってしまうのです。縮毛が気になり始めると、育毛、ハゲにも気をつけなければいけなくなるのです。 合成界面活性剤(石油系)のシャンプー・リンス・整髪剤」を使用したり、「パーマ・カラー」などをすることによって、このコルテックスのバランスが崩れることもあるので、日頃から使っているシャンプーや整髪剤、またカラーリングやパーマも見直してみることです。"
スポンサーサイト
  1. 2007/12/05(水) 11:01:40|
  2. 未選択
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<馬油によるハゲ対策、育毛効果 | ホーム | 育毛、ハゲの方の悪性の脱毛かどうかのチェック>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hairkensa.blog51.fc2.com/tb.php/67-f9de8fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。